「ありがとう」のサービスメニュー
 NTT労組退職者の会会員になると会員サービスメニュー”ありがとう”のサービスが受けられます。”ありがとう”からはじまる仲間の輪を大きく・・・NTT労組退職者の会への入会をお待ちしています。

   2011年1月より、退職者制度を取り巻く経済状況をふまえ、これまでの「退職者制度(基本契約)」および「預託金制度」を廃止し、入会方式としました。会員になると、会員サービスメニュー『ありがとう』のサービスメニューを受けることができます。

◆入会金 
  5,000円(新規入会時のみ)会の運営費等にかかる経費としていただきます。

「ありがとう」のメニュー
◆お祝い時
   退職後の集結・協力・支援に対する「感謝とお祝いメッセージ」と「記念品」御祝い時に
  贈呈します。
70歳(古希) 5,000円(ギフトカード)
77歳(喜寿) 8,000円(ギフトカード)
88歳(米寿) 5,000円(ギフトカード)
本人死亡(弔慰金) 5,000円(現金)

◆本人死亡時
   会員本人が亡くなられた時にお支払いします。(本人死亡時については、近親者の方の連  絡を お願いします。)
  弔慰金 5,000円(現金)

◆「ありがとう」のメニューの請求について
   本人死亡が発生した時は、支部協事務局に連絡して下さい。(本人死亡時については、近親
  者、 友人、知人の方の連絡をお願いします。)
  古希、喜寿、米寿等のお祝いについては、電通生協システム基本ファイルで管理します ので
  事務局への連絡は不要です。

◆「各種見舞金に関する規程」の一部改正等について
  2016年度第3回幹事会決定事項(2015年7月26日)を踏まえ、以下の通り「各種見舞
  金等に関する支部協規程」の一部改正、及び改正に伴う検討課題等ついて提起され以下の
    通り、第18回定期総会(2017年10月6日実施)にて改正されました。

  <改正内容>
   ①第3条を以下の通り改正します。
    現行の「同一疾病一回の適用」から「同一疾病、及び同一介護認定の場合は一回限りの
      適用」に改めます。
   ②第8条を新設します。

  <改正理由等>
   ①第3条・・・現状は「一疾病一回の適用」の解釈により、毎年度の給付を可能として支
    給しています。これを改め、同一疾病の場合は毎年度の支給を「不可」とするものであ
    ります。介護の場合も同様の考え方であります。つまり、同一疾病でない新たな疾病が
    起きた場合や介護認定が重度化した場合には,、支給対象となります。
   ②第8条・・・現行の「実施時期」は欄外表記ですが、「第8条」を新設して表記するこ
    とが「適切」と考えます。
   ③この改正は、支部協の『福祉制度会計』の創設趣旨、及び健全性、また、今後の継続的
    運用にも資するとの総合的判断によるものであります。
   ④改正の対照表は下表の通りであります。 
 
現 行   改正後
  第3条 長期療養中の会員の
お見舞いと激励については、以
下の基準で対応します。尚、「一
疾病一回」の適用とします。
 ①入院1カ月以上
 ②介護保険の要介護3以上
 ③重度の自宅療養
 ④会員本人死亡
第3条の長期療養中の会員のお見舞い
と激励については、以下の基準で対応し
ます。尚、「同一疾病、及び同一介護認
の場合は一回限り」の適用とします。
 ①入院Ⅰカ月以上
 ②介護保険の要介護3以上
 ③重度の」自宅療養
 ④会員本人の死亡
  この規程は2016年度10月7日より
実施します。
(現行では、欄外にて表記)
 第8条、この規程は、2017年10月6日より
一部改正して実施します。(新設)
  
  <死亡弔慰金の拠出単位の見直し>
    ブロック制の導入により、現在、「各種見舞金等に関する規程」の第4条に基づく
    「会員本人死亡」時の「死亡弔慰金」の」給付は現在、ブロック交付金の中から拠
    していますが、今後は“福祉基金制度会計”から拠出することとします。
  <今後の検討課題>
    「各種見舞金に関する規程」の第5条「ボランティア」活動の支援」の具体性や、第
     3条“入院1カ月以上”の基準見直し等については、第3回幹事会での」確認を踏ま
    え、「福祉委員会」で検討することとします。

◆退職者の会で取り扱う共済制度
  
医療特約保険(退職者の会会員のみ加入資格があります)
  会員本人と配偶者が加入できる共済で、入院や手術等を保障する制度です。
  ・退職者の会の会員で契約年齢70歳以下の方
  ・会員と同居の配偶者
        ・退職後90歳まで更新できます。
  ・原因が病気でも不慮の事故でも保障額は同じです。
  詳細については、
  
㈱テルウエルライフアシスト
  0120-850-184にお問い合わせ下さい。
        
■その他、各種共済制度についての詳細はリンクの各HPでご覧下さい。
  
電通共済生協
   ・生命共済<ささえ愛>      0120-211-114
   ・火災共済<すまいる>      0120-211-114
   ・自然災害共済<おまかせ>    0120-211-114
   ・交通災害共済<しぐなる>    0120-309-028
   ・マイカー共済          0120-309-028
   ・自賠責共済           0120-309-048

  
労連共済本部
   ・年金共済<ひろがり>      03-5297-6171
   ・疾病保障付生命共済<やすらぎ> 0120-850-184
    ㈱テルウエルライフアシスト

  
きらら保険サービス㈱
   ・まもるくん           0120-590-251
   ・がん・介護保険         0120-590-251

       
 ユアサポート(㈱)
   ・医療・傷害<Myセフーティ>

      ※上記の詳細については、各保険会社、または、支部協事務局お問い合わせ下さい。
       (?075-212-2211)